読書の原体験〜その1〜

2017年5月30日金曜の夜、第1回ブクラボ作戦会議があって、北海道の貧相な読書環境をどうやったら豊なものに変えていけるかを話し合った。

その中で、参加者の皆さんの読書原体験を聞いて、ヒントとなるようなことがないかを探ったりした。その時、私には聞かれなかったけど、ここに思い出せる限り披瀝してみたいと思う。

読み聞かせる父

子供の頃、寝る前に本を読み聞かせてくれたのは父でした。『◯◯の昔ばなし』という本に載っている昔ばなしを、一話ずつ、毎晩、私と妹に読んでくれました。如何せん、子供の頃の記憶なので、版型も出版元も今や不明で探し出せません。印象に残っているのは、『植物の昔ばなし「さくらんぼの種を飲んだ男の話」』で、頭から桜の木が生えてきて、花見を楽しんだ後、引っこ抜いたら穴が空いて、雨が降ったら水が溜まり、その池に自分で飛び込んでおしまい。自分の穴に自分で飛び込むってどういうことだ?!と衝撃に思ったのでした。どこの昔ばなしだったのかな〜?ていうか、どんなにググっても、本が見つからないんだよね。絶版なのは確実なんだが。

年末年始は読書

年末には、毎年、本を買ってもらった。最初はコミック雑誌。私は『りぼん』、妹は『なかよし』という感じ。成長するにつれて、私は『ミステリーマガジン月刊ムー』、妹は『別冊マーガレット』(だったかな?)。お年玉と一緒に本をもらうのだった。そして、初売りにお年玉でまた本を買う。やはり、街に本屋は必要。

『◯年の学習』『◯年の科学』定期購読

学習研究社(いわゆる学研)の『〜科学』と『〜学習』を定期購読していた。私の分と妹の分。家庭的には相当な出費だったのではないかと思われるが、学習塾より本を潤沢に与える方を選んだのだろう。付録の実験教材は本当に面白く、自分で勝手に学んでいたように思う。副読本も面白かった。妹はサッパリだったが・・・お人形遊びの方が好きそうだった。まぁ、好みの問題ですよね。それでも、『〜科学』と『〜学習』は止めなかったんだから。一応、『〜科学』は理系、『〜学習』は文系という括りのようですが、どちらも面白かったです。休刊という名の廃刊になって非常に惜しい限り。

学校の図書室

学校の図書室で初めて出会ってガツンと来て、棚を背もたれにして床に座り込んで、むさぼり読んだのは、ダシール・ハメット『マルタの鷹』だった。勿論、児童向けにリライトされてるだろうものだったが、物凄く面白く、その面白さは衝撃的だった。今となっては、ハードボイルドなんて読んでいたのかと思うが、それ以降、アガサ・クリスティも読んだし、シャーロック・ホームズも読んだ。ミステリーへ誘ってくれた本だったかも。こういう本との出会いがあるのが、学校図書室なんですよ。次々と本を読める天国〜♪な空間。

原色百科が愛読書になる

小学校高学年時、私の愛読書は原色百科事典だった。重くて分厚い本を床に広げて、寝そべって、隅々まで読むのが楽しかった。本に対象年齢なんて関係ない。難しいから子供には無理とは思わずに、読めるなら読ませておけば良い。

書店は父と

そのうち、毎月買ってもらったり、お小遣いで買うようになったので、毎月、父と書店に行くのが恒例になった。今なら完全に中2病的だが、学習研究社『ミステリーマガジン月刊ムー』の創刊号からの愛読者だった。TV見ながら、本読んでたクチ。wその頃は、ユリ・ゲラーとか流行ってたしね。超能力なんてあったら凄いなと思いながら、父には「そんなのあるわけないよ」なんて冷たい反応されてw、どこか懐疑的に見ていたせいか、スプーンは曲がらなかったけどねwww父と書店に行って創刊号を見つけた別の版元さんの『トワイライトゾーン』っていうのもあったけど、先に休刊になった。もう少し難しく書かれた新人物往来社『AZ』も創刊号から暫く買ってましたが、やはり休刊になりました。これはまだ家にあります。こんな中で生き残ってる『ムー』は凄いですよ。wオカルト誌の鉄板だな〜。そして、オカルト雑誌の盛衰を網羅したサイトでもっとあったことが判明。

父の本を借りて読む

中高校生あたりになると、父が読んだ本を読むようになった。横溝正史『犬神家の一族』も読んだかな〜?『魔界転生』山田風太郎も映画化された時に読んだ。1981年の映画は主演千葉真一・沢田研二、監督深作欣二の時代だ。内田康夫の十津川シリーズも読んだか。ミステリー読みになったのは父の影響だったんだな。ほぼ読んでなかったけど、日本文学全集から、『細雪』とか引っ張りだして読んでみたり。西洋美術全集を片っ端から眺めて、西洋絵画の教養を身に付けようと試みたり・・・。父の本は私のもの、私の本は私のもの・・・ジャイアンかwww

実家にいる間のことはここまで・・・

実家にいた時の私の部屋は、今よりは少ないけど、やはり本棚に囲まれていました。

広告

3.11は6周して7周目に入ってようやく動き出す自分

前回の投稿が、一昨年のことで、しかも、やはり3.11にまつわることだった。またしても今回も3.11関連の投稿です。勝手な感慨ですのでご容赦ください。予めお断りしておきますね。

今日2017年3月13日月曜、3.11映画祭北海道開催江別会場にて『太陽の蓋』という映画を見てきたのであります。これ、フクイチの事故の顛末、事実に基づいたフィクションなのです。
3.11の地震と津波、東京電力福島第一原子力発電所のメルトダウンと水素爆発、第三原子炉の爆発、第四発電所の火災、首相官邸災害対策本部と東電本店、当時の民主党菅政権での対策本部、取材する新聞記者、フクイチの現場、フクイチに働く若者とその家族の避難、どれも重いテーマで、それぞれに物語があり、それぞれの思いが錯綜する。

前日2017年3月12日日曜、NHKスペシャル『メルトダウン 12日間の迷走』を見たので、東電、フクイチの現場、首相官邸の遣り取りをまた見るという展開になった。(NHKオンデマンドで有料視聴可能)

Nスペでフクイチの吉田所長の役をやっておられた役者さんが、『太陽の蓋』では枝野さんの役で出演しておられて、この役者さんは、この2つの役を演じて、どう感じたかな〜?と思ったりしました。

フクイチの事故の当時、東電本店⇔フクイチ・柏崎刈羽がTV会議をしていたのだが、当初、首相官邸災害対策本部は蚊帳の外。東電本店と各発電所は、NTTの専用線で通信は確保されていた。全体を体系的に把握するはずの東電本店ですが、溢れかえる情報の中でただ右往左往していたのかもしれない。こういう危機的状況では、冷静に状況を見られる人がいれば良かったのにね。今後の課題ですよね。

東電は、各原発の作業員の線量管理をしており、次第に許容量いっぱいになっていくのを目の当たりにしていたはずである。線量管理の担当部署であれば、作業員に悪性腫瘍が発生したら、放射能が原因したか、年齢故か、体質故かやきもきするのではないかな?しないのかな?訴訟があって、北海道在住の原告だったが、放射能が原因とは必ずしも言えないといって敗訴になった元原発作業員がいた。法曹界も結託して、原発で働く人、原発の周りで暮らしていた人びとを見捨てるのかな?と思ってしまった。復興相も、6年支援したんだから、今後の自主避難は各自の判断と言い放った。この人は、後日、東北だったから(まだ)良かった、首都圏だったら(もっと大変だった)という配慮に欠ける発言で事実上の更迭となったわけだが。都道府県が主体的に自主避難者を支援する体制にするということなのだが、原発は国策だったのに、本当にバックアップしてくれるのかイマイチ信用できない。原発は、各電力会社の事業だよと投げちゃったり。

3.11から5年位は、重過ぎて関連書籍を読めなかった。触発された論壇、思想界隈の本を読めなかった。読む気持ちの余裕が持てなかった。9.11直後は色々読んだのにね。読めなかったよ。『東京ホワイトアウト』『東京ブラックアウト』(若杉烈)とか読みたかったけどね。7年目に入って、読みたくなってきた。原発関連、東電関連、地学関連、防災関連、・・・思想界隈のも読み始めようと思う。

そう思い始めて、最初に入手したのが、『ゲンロン0 観光客の哲学』だったりするのは何なんだろうね。www楽しいだけの観光じゃなくて、震災の記憶を辿る旅としての観光もあって良いと思うからかな。ダークツーリズムも含めて、辛い記憶、悲しい記憶、空虚感、恐怖感を受け止める気持ちの準備ができたのかも。何より、事実を知りたい。あの日、何が起きたのか。何を犠牲にしたのか。それによって自分達が生きているということを何よりも知りたい。

書き始めてから、随分経ってしまったけれども、そろそろとあの日のことを見つめ直すということに思い至りました。

5年前に変わってしまったのは東北だけか?

今日2016年5月22日に、東北から北海道占冠(シムカップ)に自主避難してきたクライマーご夫婦のインタビューを拝見した。自主避難だと、東電からの補償金が40000円だった。家をなくして、被爆の実害を受けたのにこの金額。残っている人もいる、避難せずに生活再建してる人もいるとなると、自主的に避難してしまうと、補償金はそんな微々たる金額になってしまうのだなと驚いた。東北の被災者でさえそうなのだ。
東北の人でなくても、関東地方にいても被害はあったと思うし、何よりあれだけの大きな地震と津波と福島原発の爆発があったことはショックだったのだ。

地震後、暫くの間、計画停電があり、居住区によって停電したり通電したり、停電もあったりなかったり、非情に不安定な生活を強いられた。身構えていても「停電なかったね」という日があったり、物資が不足することはないとされながらも、関東地方に於いても、水やトイレットペーパーの買い占めが起きた。備蓄しておかなければ、普通に買えない状態に一時期陥ったのだ。物資の供給不足は、すぐに回復されたのだが、馬鹿げてると思いながらも、あちこちのスーパーや薬局を探し回るような物資不足は不便だった。高齢の女性が自転車の荷台いっぱいにトイレットペーパーとティッシュを積んでいるのも見かけた。バカじゃないのと思った。その日は、自分は駆けずり回ってもトイレットペーパーを1パックも買えなかった。

福島原発から遠くても、雨が降れば、放射線量が高くなるホットスポットがあると言われるようになり、埼玉県でも、保育所等の公共施設に線量計が置かれ、毎日計測して、掲示されるようになった。微々たるもので、自然線量程度だったので、居住地域にホットスポットができることはなかったと思うが、それでも、降る雨には放射能物質が含まれているかもと恐れた。

あれ以来、首都圏の電車も頻繁に止まるようになった。関東地方は公共交通機関が発達していて、主な通勤手段は電車なのだ。それが、人身事故、踏切故障、ポイント故障、車両故障、飛翔物、火事・倒木、止まらない日はないほどだ。よくこんなにあちこちで人身事故があるな〜と思うと、SNSには、「また飛び込みか」などと入ってくる。通勤に遅刻する、保育所のお迎えにも間に合わない、そんな毎日が続くと本当にウンザリした。毎日、誰かに謝っていた。遅れてすみません。若しくは、電車が遅れなければ、無駄に早く着いたり。早く着いたところで勤務に入れず、虚しい時間を過ごすのだ。通勤ということだけにどれほどの時間を読み込めば良いのか。そんな毎日の中で、失業してしまえば、もはや都内への通勤は考えられなくなった。子育てに支障を来す。生活の糧を稼ぐのも大切だが、子どもが小さいこともあって、「子育て>>>仕事」になった。

数カ月して日本全国の原発が止まり、停電が起きることもなくなった。あの計画停電は何だったのだろう。事業者契約だと、使えば使うほど電気料金が安くなったというのだから、事業者が節電すれば、電力消費が減ったのかもね。一般家庭の節電なんて微々たるものだったのに、節電呼びかけなんてチャンチャラおかしいことだった。

だが、もう電気のことや地震が頻発すること、通勤のために気を揉むことにも疲れ果てた。完全に疲弊していた。移住するしかない。この土地、この地での生活から自由になろうと思った。被災者ではないけれども、自主避難だ。地震後、暫くは被災者ではないものの放射能を恐れる意識高い系の方が関西や九州へ自主避難するという話もチラホラ聞いていた。それと同じ。西じゃなくて、北に避難するわけだけれども。幸い、泊原発は再稼働していない。

川内原発は再稼働してるし、熊本〜大分では、群発地震が起きているし、あの時期に自主避難された方々はどうなっているのだろうか?今後、東海東南海地震が懸念され、首都直下地震もいつかはわからないが必ず起きると言われている。東北も終わっていないが、生きていくなら北海道ではないかと考えた。移住先人気No.1は長野県だけどね。長野人気は首都圏にもそこそこ近いということも理由だろう。首都圏に遊びに来ている時に限って災害が起きたらどうする?3日間は帰れないのよ。帰宅難民よ。あ〜も〜、無理でしょ。食料自給率180%の北海道。魅力だよ。行けば何とかなりそうと思えた。

まさか、札幌近郊江別市が、こんなに豪雪地帯だとは思わなかったけどね。www春の強風もハンパないわw

簡単ブックカバーの作り方

今回は、ブックカバー作家らしく、お手軽なブックカバーの作り方をご紹介しましょう。

文庫サイズのブックカバーを作って、本棚に統一感を演出してみましょう。

まず、A4サイズの紙を用意します。今回は、普通のコピー用紙しかなかったので、これを使いますが、ナチュラルな感じにしたいなら、クラフト紙などが良いでしょう。

長辺の真ん中に印をつけます。

上の長辺に合わせて本を置きます。


下の長辺を本の下辺に合わせて折ります。

折った下の長辺に合わせて本を置いて、上の長辺を本の天辺に合わせて折ります。


ひっくり返して、開いておきます。

長辺の真ん中の印を目安に、折り紙を貼ります。糊付けでも、両面テープでもOKです。今回は、下地の紙に平行に貼りましたが、敢えて、ずらして斜めに貼っても良いですよ。


上下の長辺を折って、本に巻いたら、短辺を合わせます。


本の口をなぞるように跡をつけると折り込みやすいです。表を折り込んだら、裏も同様に。カバーを引っ張るようにすると、ピッタリ折り込むことができます。



本棚によって、シリーズによって、折り紙を統一すると、統一感が出ます。折り紙も、100円ショップにたくさん種類があります。レースペーパーや、ぬりえになっているものや、和柄、洋柄など、選ぶのも楽しいですよ。皆さんも、お試しあれ。


投資は投機のためなのか?

経済学系の本を読むとさ〜、格差は広がるばかりで、縮小させられる気配は微塵も感じないわね。

どういうことかって

『21世紀の資本』(トマ・ピケティ)では、r>gで、働いて稼ぐより、資本を投資して得る収益の方が断然多いって書かれてて、働いて稼いでも確かに生きていくだけで精一杯になったなぁ〜と感じる。まだ、読み終わってないんだけどね(^ー^;)

『21世紀の不平等』(アンソニー・B・アトキンソン)も買ったは良いけど、まだ読んでなくて(^ー^;)アトキンソン師匠の提言は、アベちゃんには届かないだろうな、クルーグマン先生を呼んで話し聞いたくらいで、噛み合ってなかったらしいからと思ったり。

ヒルファーディングが、投機は大衆の参加なしには繁栄し得ないと言っているように、預貯金じゃなくて、株式投資を促そうとしているのは、電子取引で瞬時に収益を上げられる投機に吸い上げられるためじゃないの?と穿った見方をしてしまう。ジュニアNISAなんて、小金持ちが子供に投資教育をしようとしてるけど、投機の餌にされちゃうんじゃないの?と余計な危惧を抱いてしまう。

かつて、公社の民営化で株の売り出しの時、買っとけば良かったかな?と思ったが、旧公社好きじゃないから、そんなところに投資したくなかったんだっけと思ったり。NTT株やJT株買った人たちは、まだ持ってるのかな?とっくに売っちゃったかな?w 20数年前くらいに個人年金ブームというか年金は個人投資で賄いましょうという政策転換が起きた時、まだまだ個人投資は今ほど盛んじゃなかった。今や年金原資も殆どを株式投資で運用していて、投機の餌にされかけとる。大損こいたけど、得した時もあったから、差し引きトントンか若干増だなんて言ってたけど、そんなところに年金原資を預けたくないな〜と思うよね。そのうち取り返しがきかないくらいの大損しちゃうんじゃないかと。金融工学で瞬時に莫大な利益を上げるトレーダーに太刀打ちできるわけない気がするんだよね。

株式投資も良いけど、スタートアップに投資するとか、ソーシャルアクティブに投資するとかいう投資教育もあると思う。起業して失敗すると、再起不能にならずに、再チャレンジできる社会にしないと、投資なんて定着しないよね。失敗を恐れるから、起業を躊躇うんだし、再チャレンジできないなら最初からチャレンジしないよね。何故、投資するのか。どういうところに投資するのか。そもそも投資するとはどういうことなのか。企業を育てていくという気概がないとね。

日本という社会は、子育てに関しても、新入社員に関しても、企業にしても、育てるということに無頓着で、草木のように自然に育っていくものだみたいに考えてないか?人為を重要視しないというか、自然が豊か過ぎるのも考えものだね。利用することしか考えてないみたいだ。子育ても、人材育成も、企業も、自然も、投資して手をかけて目をかけて育てていかないと、思うようにはならないと思うよ。

ブロガーセミナー初参戦

ブログの書き方だと?!

この期に及んで、ブログ書くことについて、人に、それも大学生に教わるとは思いもせなんだ。www

インターネットが一般普及して、ブログブームがあり、黎明期には、htmlタグを自分で書きながら、ブログを書いていた時期がありましたよ。いまや、htmlも5で、高度になり過ぎて追いつけないっつーか、ページビルダーとか便利なソフトが出てますから、自分で苦労することもなくなった訳ですよ。

タグを書いてプログラム書いていたころが懐かしいですねw

PVが何だってんだ?!

ていうかさ、私はひっそり書いていたので、寧ろ、見られたくないっつーか、読んで欲しい人だけに発信してた。全世界に向けて自分を表現とか、とんでもないって思ってた訳よ。そんな恐ろしいこと!!と思っていました。

が、人生折り返し地点。今後は、自分が持っているものを後世に伝え残して行かんといかんなと思い始めた今日この頃でございますwww

後世の残すって、言うほど大層なことじゃないんだけど、もっとこうすれば良いのにっつーことを誰かに残しておかないと、誰にも伝わらないし、何も変わらないってことに気付き、私はこうしている!こうすれば毎日がより楽しいんだよ!ってことを提案するっていうか、提示ね。みんなに同じようにやれとは言わん。だが、知らしめるには、PVって大事なんだな。見てもらう、読んでもらうって大事だよね。

見てもらうには、サイトも大事!

以前は、プロバイダのブログサイトからだけでどこからもリンクを貼ったり、宣伝なんてしてなかったけど、以前のサイトを閉じて以来、どこで書くか模索していました。転居もしたしね。物理的な転居と、ネット上の仮想的な転居を考えていた訳。無料サイトも増えて、クライアントサーバからクラウドになったり、ネット環境も変わったしね。私自身も、WinからMacユーザになったりした。今やLinuxユーザに!!www

物理的転居を終えて、北海道江別市に居を移し、引っ越してからの模索振りをFBにupしていたら、それを見た方に地元ブログサイトに誘われ、江別市民ブロガー.みんなというサイトで書くことになった訳です。縁だな。

目に留まるのも縁だし、書くのも縁だし、ネット上の縁でリアルな人の縁も広がっていっているので、Uターン移住者が半年ほどでこの江別への馴染みっぷりwwwは、会う人を驚かせていますwwwネットも使いようってことですよ。
江別でフックし、読んでもらうことによって、江別界隈での人脈が広がっていって、江別市大麻での暮らしやすさも向上していますよ。

仕事させて〜

またまた失職したので、事務屋としての仕事をさせていただける方を探しています。暫くは、何でもやって食い繋いでいかねば。Win系なら、Excel、Word、PowerPoint、Access(初)使えます。Web系、帳票作成、何でも何とかしようじゃないか。

育休は半年前から準備してる。急ではない。

2015年も残り僅かな年の瀬に、国会議員夫婦が育休取りたい!で、巷は賛否両論。私的には、取ったら良いじゃないの派です。だってこの国のエライ人達の少子化対策の本気度が伺えないし、もう数十年も何の効果も現れていない訳だよ。率先して育休取って、範を示すことも国民の代表たる代議士のあり方ではないかな〜。野郎の育休取得を促す意味でも、国会は承認すべきではないの?これがでくなきゃ、性別役割固定追認とみなされるんではないの?

代議士は、政治家は、国民の付託を受けた特別職なんだから休むべきではないとか言うならば、子連れ出勤させてよ。言っとくけど、産後数ヶ月って外には出さないものよ。丸々1年の育休って言ってる訳じゃなく、産後数ヶ月だったら、どれだけの損失なの?育休取りたいなら辞職すれば良いって、完全なるマタハラコメントだよ。一般の人、特に非正規の女性が、これ聞いたら、妊娠したら失職!!Σ(・□・;)が罷り通ってしまう世の中になると思うだろうよ。だって、国民の代表なんでしょ?政治家は、辞職したらただの失業者でしょ。せっかく選んだのに、あっさり辞められたら、有権者も怒るよ。代議士って育休取れないんだな〜と思ったら、若い政治家のなり手がいなくなる。

子育てに関わることで見えてくる課題もある。それは政治に活かせる。ジジイ達が関わってこなかったがために見えなかった問題が見えるなら、その数ヶ月は、個人の休暇じゃなく、実地体験の機会じゃないか。何の役に立つのかわからない観光みたいな海外視察とどう違うのか?子供と、子育てと、家族と向き合うことは、社会と向き合うことではないのか?

秘書として、ベビーシッター雇えば良いという話では決してない。子育ては、一回性の連続だし、子供はかけがえがない。自分が関わらなければ、少子化問題にも何も見えてこないのだ。一人一人の子育ては、社会実験なんだよ。

もっと子育てに本腰入れろよ!歯痒いな〜(´Д` )